大阪でおすすめのM&A仲介会社・ FA会社をご紹介!口コミで評判の良いM&Aサービスを徹底比較しました。

企業成長のためのM&A~適切な手法を選んで飛躍につなげるポイント

公開日:2021/01/01  最終更新日:2021/01/19

経営者にとって企業を手放すことはつらいものといいますが、決してデメリットだけではありません。経営者個人はもちろん手放される企業にとっても、資金やシナジー効果を得ることができるというメリットがあるのです。ここではM&Aで売却側が得られるものや、M&A後に企業が成長するポイント、M&Aの手法の色々についてみていきましょう。

M&Aで売却側が得られるもの

M&Aで企業を売却することで、経営者が得られるメリットは主に「個人保証を解消できること」「生活資金が手に入ること」の2点です。

企業が融資を受けた際、連帯債務者になっているという経営者の方は多いものです。「事業をたたむことを考えているが、個人保証が片付いていないので、やめるにやめられない」という方もいらっしゃるでしょう。M&Aならば「個人保証を解消できる」メリットがあります。またM&Aで企業を手放すことで、株式の売却益や企業への個人的な貸付金や役員退職金を手にすることができます。「生活資金が手に入る」ことになるのです。

企業が得られるメリットは主に「後継者問題の解決」「従業員の雇用の維持」「信用の回復」の3点です。

現在、多くの中小企業を悩ませているのは後継者が不在という問題です。M&Aで企業を手放すということは、あなたに代わって買い手企業が経営してくれるということですから「後継者問題が解決」します。事業が継続されることで「雇用も維持」されますから、現在の従業員の方々にとってもM&Aはメリットがある方法です。業績不振におちいっている企業の場合は、M&Aにより財務状況の改善や業績の向上が見込めます。取引先が感じている不安を解消し「信用を回復させることもできる」でしょう。

すべてのM&Aがうまくいくとは限らない

これだけ見るとM&Aにはメリットしか感じられませんが、仲介会社を利用しても買ってくれる先が現れない、現れたとしても合意まで至らないことはよくあります。買ったとしても成長が見込めない、従業員の雇用の維持など契約条件が合わないなどが原因です。

成長のためのM&A

自社の力だけでは、これ以上の成長は見込めないと判断した場合にも、M&Aなら事業拡大を図ることができます。

たとえば大手企業の傘下に入ることで見込めるのは、新たな資金の獲得です。資金を得ることで、今まで及び腰になっていた案件を受注できるようになりますし、新たな設備投資もおこなえるようになるでしょう。得意なジャンルを伸ばすことも、新しいジャンルを開拓していくこともできそうです。

また、他ジャンルの企業に買われることで、見込めるのはシナジー効果です。たとえば買われた先が商社なら新たな販路の開拓が見込めますし、他ジャンルとの人材の交流は、手放された企業にとって刺激となり活性化にもつながるでしょう。

M&Aにより手放した企業が成長することで、メリットを得るのは買ってくれた先だけでなく残された従業員です。企業を去ることになる経営者の方にとっても、成長した姿を見ることができるのは嬉しいことに違いありません。

M&Aの手法

M&Aとは「合併(Mergers)」と「買収(Acquisitions)」からなる略語ですが、この2つと「資本業務提携」の3つがM&Aの手法になります。中小企業のM&Aで最も頻繁におこなわれているのが買収で、経営者は株式の売却代金を手にすることになります。

合併とは

2つ以上の会社を1つにすることです。合併は手放される会社が、買取ってくれる会社に半数以上の株式を譲ることでおこなわれます。合併された会社は、権利・義務の全てを移した後に消滅します。買取った会社が残る「吸収合併」と、買取った会社も消滅して新たに会社を立ち上げる「新設合併」の2種類があります。

買収とは

買収には「株式買収」と「事業譲渡」の2種類があるのですが、株式買収は買収する会社の株式の半数以上を獲得することでおこなわれ、事業譲渡は会社丸ごとではなく、部門や事業だけを対象におこなわれたりします。買収では株式を保有している割合によって、買収される会社への権限が変わりますが、100%の株式を保有して完全子会社化がおこなわれても、買収された会社は消滅することはありません。

資本業務提携とは

一方がもう一方の株式を取得したり、互いに株式を取得しあったりして、2社が関係を深めながら協力し合うことです。会社はそれぞれ、互いの利益を考えながら活動することになりますが、合併や買収と異なり、会社の独立性は保たれたままです。

 

先にも述べた通り、中小企業のM&Aのほとんどが買収でおこなわれています。その大きな理由としてあげられるのが、買い手の企業が買収する企業の能力を評価しているからというものです。それは経営者の方々が代々築き上げてきた信用や、従業員の方々が日々流されてきた汗が評価されたということでしょう。それら元にして、別の経営者が企業を飛躍させてくれるというのですから、M&Aは決してマイナスの側面ばかりではないということができるのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【大阪】おすすめM&Aサービス5選

商品画像1
2
3
4
5
商品名TSA Partners株式会社GCA FAS株式会社インテグループ株式会社フロンティア・マネジメント株式会社デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
特徴特殊案件にも対応できる関西発国内屈指のFAファームトランザクションサービスをワンストップで手がけるメリット大!完全成功報酬型のM&A仲介会社専門チームの総合的な視点による問題解決ができるM&A関連だけでなくスポーツビジネスなど幅広く対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく