大阪でおすすめのM&A仲介会社・ FA会社をご紹介!口コミで評判の良いM&Aサービスを徹底比較しました。

M&A支援を依頼する会社を選ぶポイント

公開日:2020/12/15  最終更新日:2021/01/19

事業承継などで困った経営者が、M&Aで企業を手放そうと思っても、スポンサーはなかなか見つかるものではありません。そんな場合に頼りになるのが、M&A支援をおこなってくれる会社なのですが、大阪に限ったとしも相当な数がありますから迷ってしまうことでしょう。ここでは、M&A支援会社を選ぶポイントについてお話しします。

組み合わせの選択肢を多く持っている会社を選ぶ

M&Aでの事業承継を検討しているとはいえ、買取ってもらえるならばどこでもよいと考えている経営者の方はいないはずです。個人的な立場なら、引退後の生活を考えて高く譲渡できたほうが良いでしょうし、経営者の立場としてなら、企業や従業員の今後を保障してくれるところが良いでしょう。しかし個人と経営者、両方の立場で満足できる会社は、なかなか見つかるものではありません。だからこそM&A支援会社を選ぶなら、たくさんの買い手の候補を抱えているところを第一にすべきです。

買い手の選択肢が多いほど、満足がいく会社が見つかる可能性が高くなるのは当然です。また、買取ってもらう先に畑違いの企業を選ぶより、同じジャンルで活躍している企業を選んだほうが、今後の事業の展望に明るさが感じられるため、関係者にも納得してもらえることでしょう。それだけに、M&A支援会社が特定のジャンルの企業に強いかどうかもポイントになります。選択肢の質を追及する上でも、選択肢の多さは重要です。

あわせて気になるのが、買い手のネームバリューです。同じ条件だったとするなら、よくわからない企業よりは有名企業に合併・買収されたほうが、たとえば従業員も今後に期待が持てるというものです。これもM&A支援会社が、どれほど多くの選択肢を持っているかにかかっているのです。

料金と手数料の総額

M&Aを仲介してもらうことで料金がどれくらいかかるのかも、支援企業を選ぶ上で重要です。しかしM&A支援の料金体系は企業によって様々ですから、単純に高い・安いが決められない難しさがあります。M&A支援会社によっては仲介を依頼したときに支払う着手金や、合併・買収先との基本的な合意が完了したときに支払う中間報酬、最終的な企業の引き渡しが完了するまでに月額で料金がかかるといった体系をとっています。

また会社によっては、M&Aが成功した場合の手数料のみというところもあるのですが、手数料の算出方法も単純ではありません。多くの会社が取引金額に応じて掛率が変わるレーマン方式をとっているものの、取引金額の算出方法が移動総資産や企業価値、株式譲渡対価といった具合にM&A支援会社によって異なってくるのです。

しかも、M&Aの進捗によってかかる料金と成功手数料の両方がかかる会社もありますから、この場合は料金と手数料の片方だけでなく、会社を手放す場合に総額でどれくらいの金額がかかるのかを判断しなくてはなりません。そのために役に立つのが、HPに掲載されている料金例です。ご自身の企業と似たケースを見つけることができれば、大いに参考になるでしょう。もちろん、実際に見積をとることも有効です。

この際に同時にチェックしたいのは、かかる料金だけではありません。担当者との相性や、企業を手放す側の立場で対応してくれるかなども、M&A支援会社選びの重要なポイントです。

実績豊富な会社だから、自社にぴったり?

M&A仲介会社によっては、HPに豊富な実績を掲載しているところがあります。これを目にして、実績が豊富な会社だから任せてしまおうと考えるのは、少々早計といえるでしょう。もちろん実績や創業からの年数は、仲介会社の実力を計るのに重要な要素です。しかし、それで自社にぴったりかどうかを判断するのは難しいといえるでしょう。

なぜなら、ぴったりのM&A会社を選ぶには、同ジャンル・同規模の実績の有無が重要だからです。同ジャンル・同規模でのM&A仲介実績があるならば、合併・買収先についても豊富な選択肢を持っていることや、実務的にもスムーズなやり取りが期待できます。

またM&A仲介企業に勤務している、個々の能力も重要です。M&Aには経営だけでなく、税務や法務といった多岐にわたる知識が必要になるものです。これらに対応可能なスタッフが在籍しているかどうかもチェックしておきましょう。そして担当者自身の能力や相性も重要です。見積を取る場合、連絡を入れた場合など、折に触れてチェックしていきましょう。

 

豊富な買収先を持っているか?料金は総額でどれくらいかかるのか?自社と類似したM&A実績を持っているのか?M&A支援会社を選ぶポイントは他にも多数ありますが、これら3つを抑えておけば、大筋では大失敗することはないはずです。まずは候補を数社出して、それぞれ比較してみましょう。

加えて、重要なのは担当者です。何しろM&Aは手続きが複雑なうえに長丁場、険しい道のりになりがちです。その道のりをいっしょに越えていくパートナーが担当者、個人の能力や相性は非常に重要といえます。問い合わせしたときに、丁寧な対応であるか確認することをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【大阪】おすすめM&Aサービス5選

商品画像1
2
3
4
5
商品名TSA Partners株式会社GCA FAS株式会社インテグループ株式会社フロンティア・マネジメント株式会社デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
特徴特殊案件にも対応できる関西発国内屈指のFAファームトランザクションサービスをワンストップで手がけるメリット大!完全成功報酬型のM&A仲介会社専門チームの総合的な視点による問題解決ができるM&A関連だけでなくスポーツビジネスなど幅広く対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく