大阪でおすすめのM&A仲介会社・ FA会社をご紹介!口コミで評判の良いM&Aサービスを徹底比較しました。

【M&Aの用語解説】資本参加とは?手法の特徴とメリット・デメリット

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/02/26

企業同士が手を結び協力することで、より大きな利益を得るという経営戦略がいくつかあります。資本参加は、そのうちの一つです。企業を買収しなくても影響力を与えることができ、資金援助をしてお互いの利益を上げることが目的です。資本参加とは具体的にどのようなものなのか、詳しく解説していきます。

資本参加とは

「資本参加」という言葉は耳にしたことがあっても、本当の意味まではよく分からないという人も多いのではないでしょうか。資本参加とは、他の企業との関係を強化するために、相手企業の株式を取得・保持するなどして資本を搬出することです。資本参加する企業は、相手企業に出資することで経営に直接または間接に関与することができ、より深い関係を築くことができます。

資本提携と似たようなものかな、と思う人もいるかもしれませんが違います。資本提携は「お互いの会社の株式をお互いが保有すること」で、資本参加は「片方の企業が、もう一方の企業の株式を保有・取得することで資金を提供すること」です。つまり、資本提携はお互いの会社が協力し合う形で、資本参加は片方の企業が一方的に協力をするもの、ということになります。

資本参加のメリット・デメリット

資本参加する側の企業は、対象企業を資本面で支援することができるため、より深くその企業に関わることができます。資本参加される側の企業にとっても、支援を受けることができ、その出資によって得た資金を事業に活用することができるのです。お互いにメリットしかないように思えますが、当然デメリットもあります。両方を詳しく見ていきましょう。

独立性を保ちながら、成長・拡大ができる

資本参加をすれば、相手企業の株式を一定数保有することができます。買収とは違うため、経営そのものを左右させるぐらいの持ち株数ではありませんが、資金援助している大株主であり有力な取引先企業に違いはありません。資本参加企業側の意見を取り入れてもらいやすくなるなど、影響を与えることができます。

一方、資本参加される側の企業としてもメリットはたくさんあります。資本参加の株式比率は1/3未満に抑えられます。つまり経営権を左右するまでの割合の株式数を参加企業は求めないため、資本参加される企業の独立性が保たれるというわけです。援助された資金で設備投資を行ったり、新しい商品の開発をしたり様々なことに挑戦できます。資金面が理由でできなかったことができるようになることで、会社としても大きく成長できます。新たなビジネスチャンスに繋がる可能性も増えると言えるでしょう。

関係性の解消が自由にできてしまう

メリットばかりの資本参加に思えますが、デメリットもあります。資本参加は通常のM&Aのように親子関係(子会社化)を結んでいるわけではないので、契約期間満了時に更新されなければ資本参加打ち切り、ということもあり得ます。資本参加は永続的な関係ではないということです。参加を受けた企業側としては、参加側企業の都合だけで打ち切られる可能性があります。長期的な関係性がしっかりと築ける企業なのかどうか、また友好な関係を継続していくための努力が必要です。

資本参加の注意点

資本参加はお互いの信頼関係があってこそ、です。お互いに努力をし、いい関係が築けることで利益が生まれます。資金の援助をする・されるという関係ではありますが、どちらかが一方的に利益を得るというものではありません。だからこそ、お互いの関係がこじれてしまうとトラブルになる可能性もあります

資本参加を受け入れる際は「少数株主権」に注意

先ほどもお伝えしたように、資本参加で保有する株は全株式の1/3以下なので、経営権を左右するほどの保有ではありません。ですが「少数株主権」という「一定の株を保有している株主が会社に対して行使できることが認められている権利」というものがいくつかあります。他にも「単独株主権」と言って1株しか持っていなくても会社に対して行使できることはいくつかあります。

株保有数が少ないからと言って安心できる、というわけではないということです。少ない株数でも会社へ影響を与えることはできます。資本参加を受け入れる際は、「資本参加する企業に認められている権利内容」を十分に把握しておくことが重要です。

投資した以上の利益が得られるのか見極める

参加する企業側も、協力することで確実に利益が得られるのか、見極めることが重要です。支援する場合、一定期間取引をしないと投資した以上の利益を得ることは難しいため、長期的に取引ができる企業なのかという点も重要です。支援した企業が経営悪化する場合もあります。判断を誤ると参加した企業側の損失も大きくなり、結果的にお互いの信頼関係が崩れる可能性もあるということです。

 

資本参加を行うことで、新たな顧客を獲得したり、商品を提供したり、結果お客様も双方の企業もみんながいい結果に繋がることが理想です。買収ではないため、支援を受ける企業が変わってしまうわけではありません。大企業だけでなく中小企業でも資本参加は行われています。資本参加をする側も参加される側も、メリット・デメリット両方を踏まえて検討していくといいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【大阪】おすすめM&Aサービス5選

商品画像1
2
3
4
5
商品名TSA Partners株式会社GCA FAS株式会社インテグループ株式会社フロンティア・マネジメント株式会社デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
特徴特殊案件にも対応できる関西発国内屈指のFAファームトランザクションサービスをワンストップで手がけるメリット大!完全成功報酬型のM&A仲介会社専門チームの総合的な視点による問題解決ができるM&A関連だけでなくスポーツビジネスなど幅広く対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく