大阪でおすすめのM&A仲介会社・ FA会社をご紹介!口コミで評判の良いM&Aサービスを徹底比較しました。

M&Aでの会社売却を成功に導くためには?ポイントを詳しく解説!

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/05/21

事業を継承する人がいない、戦略的に考えて売却した方がよいなどの理由から、M&Aを考えている経営者も多いのではないでしょうか?会社売却は、経営者にとっては非常に大きな決断です。今後のことを考えれば、計画は成功させたいと考えるものでしょう。そこで本記事では、M&Aでの会社売却を成功に導くポイントを詳しく解説します。

M&Aでの会社売却を成功させるポイント

会社売却する際に、気をつけておきたいポイントが3つあります。売却先、売却期限、従業員に関することです。どれもM&Aを進めていく上で大切になるので、抑えておきましょう。

売却先候補の考えを知る

会社を売却するまでに、何度か売却先の候補となる経営者と面談し直接話す機会が訪れます。面談ではさまざまな話をしますが、会社を売却するにあたっての考えや会社に対する思いを伝えながら、相手の考えも知ることが大切です。長年大切にしてきた経営理念、自社のサービスや製品に対する思いを売却先候補者に語った際、無関心な雰囲気を感じた場合は様子を見るとよいでしょう。

売却後に長年付き合いがあった顧客や取引先との関係を、完全に無視してしまう恐れもあります。もちろん、売却先候補にとって会社の持つ特許や技術で培ったブランドは重要かもしれません。しかし総合的にM&Aを成功に導くためには、同じ経営者として「この人なら安心だ」と思える人を選ぶことが大切です。

従業員の待遇

会社を売却した際、従業員の大半は売却先が創った新しい環境で働きます。環境が変わって減給になった、ボーナスが減った、福利厚生が悪くなったのでは従業員から不満が出るでしょう。会社売却後も、現在と変わらない条件や待遇を受けられるように、細かく条件を出しましょう

いつまでに売却するか

売却することが決まっていても、ゴールとなる期限を設定しなければ会社売却は成功しません。ゴールをあらかじめ設定しておかないと、本腰を入れた話し合いにならないばかりか、売却の時期を逃してしまいます。景気や会社の経営状況は日々変わっているため、ゴールとなる期限を設定しておきましょう。

高値での売却が期待できる企業の特徴

高値で売却する企業には、決まった特徴が見受けられます。現在、当てはまらないところがある場合は、M&Aを有利に進めるために改善しておくことが大切です。

企業のアピール

高値で売却できる企業は、自社をしっかりアピールしています。自社の沿革や歴史などをあらかじめ概要書という形にして、買い手側に魅力を伝えることができれば高値売却も期待できるのです。自社の役員、開拓している市場などM&Aに関する判断材料を揃えておきましょう。

利益体質と強み

買収する側にとって、利益は重要なポイントです。会社が利益を生み出していれば、それだけで高値売却できる可能性は高まるでしょう。また、利益だけではなく企業としての技術、特許、ブランドといった強みも大切です。今後、市場においてシェアを維持、もしくは拡大していくためには重要なチェック項目になってきます。

法務と財務状況

法務や財務状況が健全な企業は、高値売却の可能性が高くなるでしょう。訴訟問題を抱えている、帳簿に載っていない債務があるといった場合は、M&Aに影響を与えてしまいます。また会計処理が正しく行われているか、各種契約も順守されているかといったところも大切です。

M&A仲介業者の正しい選び方

大阪でM&Aを成功させるためには、仲介役を務める仲介業者が必要になります。仲介業者は、的確なアドバイスで成功に導くためのサポートをしてくれる大切な存在ですが、正しく選ばないと会社売却を成功に導くことはできません。

仲介業者への報酬

どのように報酬を支払うのかは、M&Aで必要となる費用を左右します。相談料をはじめ、着手金や中間金、リティフィーなどを先に支払う形態や、M&Aが成功して初めて支払う完全成果(成功)型報酬という形態もあるのです。現在の資金や期間など、状況にあった報酬形態を選ぶようにしてください。

扱っている業種と実績

仲介業者がどのような業種を扱っており、どれだけ実績があるのかも重要なポイントです。たとえば、特定の業種を得意とする特化型であれば、同業間のM&Aは比較的スムーズに話を進めていけるでしょう。得意分野のない非特化型なら、さまざまな業種から選定できるメリットが出てきます。

対応エリア

大阪に対応しているかは重要なポイントでしょう。仲介業者の知名度や実績だけで選ばず、自社の所在地が対応エリアかどうか、すぐに対応できる場所に営業所を構えているのかをチェックしてください。

M&Aを進める手法

仲介業者がどのような手法で買い手と売り手の意見をまとめ、M&Aを進めていくかも選定のポイントです。M&Aには、仲介型とアドバイザリー型という2つのアプローチ方法があります。仲介型は双方の会社の間に仲介会社が入り、アドバイザリー型は買い手と売り手それぞれに仲介会社が入ります。選定した仲介会社がどの手法を用いるのかも確認しておきましょう。

 

大阪でM&Aを成功に導くためには、3つのポイントを抑えた上で高値売却できる企業の特徴に自社を当てはめていくことが大切です。もちろん、M&Aを実際に進めていくためには、専門的な知識を持っている仲介業者も必要になってきます。売り手と買い手側を繋ぐ重要な存在となるため、自社に適した仲介業者選びも気を付けましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【大阪】おすすめM&Aサービス5選

商品画像1
2
3
4
5
商品名TSA Partners株式会社GCA FAS株式会社インテグループ株式会社フロンティア・マネジメント株式会社デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
特徴特殊案件にも対応できる関西発国内屈指のFAファームトランザクションサービスをワンストップで手がけるメリット大!完全成功報酬型のM&A仲介会社専門チームの総合的な視点による問題解決ができるM&A関連だけでなくスポーツビジネスなど幅広く対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく