大阪でおすすめのM&A FA・仲介会社をご紹介!口コミで評判の良いM&Aサービスを徹底比較しました。

M&A仲介業者のサポート内容は?具体的な役割と業務を解説

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/02/26

M&Aを実施するにあたって、M&A仲介業者の存在は欠かせないものです。M&A仲介業者は売り手と買い手の間に入り、専門的な知識や経験からM&Aを成功に導くための中立的なサポートを行っています。今後、M&A仲介業者を利用したいと考えている人もいるでしょう。この記事では、M&A仲介業者の役割や業務内容について、具体的に解説するので参考にしてください。

M&A仲介業者の役割

では、M&A仲介業者の役割について具体的に見てみましょう。M&A仲介会社は売り手、買い手双方とアドバイザリー契約を締結します。その後はM&Aのアドバイス、業界や市場の調査、書類の作成、相手企業のリサーチ、交渉、スケジュール管理、契約書の内容確認、契約締結、報酬の算定などを行っているようです。

M&A仲介会社と似たものに、「ファイナンシャルアドバイザー(FA)」があります。FAは売り手か買い手の一方とのみ契約して、一連のアドバイスを行うものです。海外企業のM&Aでの利用が多いのですが、中小企業の場合はM&A仲介業者を利用するのが一般的といわれています。

M&A仲介会社に依頼するメリットとしては、効率的に自社にあった売買相手を見つけることが可能であること、帳簿上見えない価格も含めた適切な相場価格で売買を実施できること、契約書作成や譲渡手続きなどの手続きを代行してもらえることが挙げられるでしょう。とくに「デューデリジェンス」という買い手企業による監査においては、高い専門知識を活かして法務、財務、税務面からサポートを行っています。初期段階からこうした仲介会社に相談して進めていくのがM&A成功のポイントです。

M&A仲介業者の具体的な業務とは

では、M&A仲介会社の具体的な業務を紹介しましょう。まずは、譲渡価格や条件のすり合わせ、スケジュールなどの取り決めを行います。この時、「ノンネームシート」に売り手企業の名前が記載されていない場合は、売り手側の会社情報のとりまとめも行うようです。シートをもとに、買い手側の関心度を確認します。そして、売り手側の希望条件や将来性を詳細に記載した企業概要書を作成するのです。

次に、売り手側の価値から譲渡価格を算定し、希望条件に合致した買い手側を選定し、紹介・打診を行います。次に、事前プレゼンテーションや交渉を行い、トップ面談のスケジュール管理を担うのです。その後、価格や合意条件などの、基本合意にもとづく契約書を作成します。

さらに、「デューデリジェンス」という買収監査を実施するのです。これは買い手側が売り手側の会社の価値や将来の収益、リスクを監査するもので、M&A仲介会社の専門性が要求される業務でしょう。最後に双方の合意条件や契約内容を定める最終契約の締結のサポートを行います。

M&A仲介会社を選ぶ基準

では、M&A仲介会社を選ぶ基準について解説しましょう。まずは、「これまでにM&Aの実績があるか」ということです。実績があればこれまでの経験にもとづき、M&Aを成功に導いてくれる可能性が高いといわれています。

次に「専門家のアドバイスを包括的に受けられるか」の確認が必要でしょう。財務、法務、会計、税務といった専門的な知識があるか、相手企業の評判はどうか、業界の知識があるかを確認しなければなりません。ノウハウがないと交渉で不利になり、条件に満たない契約を締結させられることもあるでしょう。見えない債務の発生や、情報の漏洩といったリスクにも対応が難しくなるのです。専門家がいない場合は、弁護士や会計士との個別契約を別途締結する必要があります。次に、アドバイス、マッチング、デューデリジェンスが明確かを確認することがポイントです。

そして、業務内容と報酬のバランスがとれているかを確認しましょう。報酬は想定内か、相談料、着手金の発生があるか、日額報酬は発生するかなども会社によって異なるため、チェックする必要があります。報酬体系や支払い条件が明確かも重要なポイントです。さらに、契約期間が妥当であるかも確認しましょう。一般的に、M&Aは半年から1年以上かかるため、契約期間をチェックする必要があります。そのうえで、信頼できるビジネスパートナーであるか確認しましょう。

コンサル契約は長期に及びます。有名な大手企業が自社に合っているとは限りません。自社にあった得意分野をもつか、相性はよいか、双方のよい部分を伸ばせる能力があるかなどの点を見極める必要があります。M&A仲介会社を選定するにあたっては、複数の会社を比較することが大切です。予算やニーズなどに応じて検討するのがよいでしょう。

M&A仲介会社には「業界特化型」と「全業種対応型」があります。同じ業種でのM&Aなら特定業界の成功事例を持つ業界特化型が向いていますが、他業界の場合は全業種特化型を選ぶとよいでしょう。近年は異業種へ参入するためのM&Aも多くなってきています。幅広い選択肢を希望する場合は、全業種特化型が適しているでしょう。

 

M&A仲介会社は双方の利益の最大化を図るもので、M&A成功の鍵を握る存在であるといっても過言ではありません。目的、手段によって自社に最適なM&A仲介会社を選定し、M&A検討の開始直後、なるべく早い段階からアドバイスを受けることがM&A成功の大きな鍵となっているのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【大阪】おすすめM&Aサービス5選

商品画像1
2
3
4
5
商品名TSA Partners株式会社GCA FAS株式会社インテグループ株式会社フロンティア・マネジメント株式会社デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
特徴特殊案件にも対応できる関西発国内屈指のFAファームトランザクションサービスをワンストップで手がけるメリット大!完全成功報酬型のM&A仲介会社専門チームの総合的な視点による問題解決ができるM&A関連だけでなくスポーツビジネスなど幅広く対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく