大阪でおすすめのM&A FA・仲介会社をご紹介!口コミで評判の良いM&Aサービスを徹底比較しました。

M&Aで譲渡価格はどう決まる?価格に影響する要素を解説

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/02/26

経営者の中では、M&Aによって譲渡価格がどのように決められるのか詳しく知らない方もいるのではないでしょうか。譲渡価格の算出にはさまざまな要素が関わるため、知識を身につけることが大切です。そこで今回の記事では、M&Aが譲渡価格に関係してくる要素について解説しましょう。基礎的な知識を身につけたい方は、参考にしてください。

M&Aが売却価格に影響する要素

経営者の高齢化に伴い、大企業のみならず、中小企業のM&Aは一般的になってきています。売却による金銭的な収入を得るためのみならず、これまで育ててきた事業を承継させるためにも、従業員の雇用を維持し、取引先への影響を最小限にとどめなければなりません。経営者の責任から解放される意味でも、M&Aによるメリットは大きいのです。そこで、M&Aで売却価格に影響を与える要素を考えてみましょう。要素とは会社の価値ということであり、これには財務諸表に現れない、目に見えない要素も含まれます。6つの要素が考えられるでしょう。

1つ目は「取引先」です。これは、買い手は新しく見つける必要がないことから素早く事業を経営軌道に乗せられます。2つ目は「顧客リスト」です。買い手側が新規事業を立ち上げた場合など、新たに顧客開拓をする必要がないので効率的といえるでしょう。3つ目は「従業員」です。従業員を集めるのは容易ではなく、時間とコストもかかります。スキルのある従業員がすでにそろっていることで、効率的なスタートをきりやすくなるといえるでしょう。

4つ目は「市場シェア」です。新規ビジネスの領域に参入するにあたって、既に確固たるシェアがあることは、新規事業参入の成功の確率を高められるでしょう。5つ目は「技術力」です。他社と差別化できる技術力を持つ場合、売り手側の会社の価値も高いものとなり、売却金額もその分高く契約できます。6つ目は「経営者のビジョン・人間性」です。これも目に見えない価値に含まれるもので、売り手側の経営理念が買い手側にとっては参考になるでしょう。

価格の算出方法

続いて譲渡価格の算定方法について解説しましょう。M&Aの価格算定には、大きく3つの算定方法があります。企業の純資産をベースとした「コストアプローチ方法」と、企業の市場価値をベースとした「マーケットアプローチ方法」、企業の将来の収益をベースとした「インカムアプローチ方法」です。

この中で、とくに中小企業の場合は「コストアプローチ方法」が多く採用されています。この方法は事業の価値である「時価純資産」に「実質営業利益」を加えたものです。「時価純資産」とは、時価評価額に負債を加えたものを指します。また、「実質営業利益」とは、売上総利益から諸経費を引いた営業利益に、節税対策額を加えたものです。

「コストアプローチ方法」は、時価ではなく帳簿価格を基準に算定するケースもあるとされています。これは3つの算定方法の中でも、最も早く算出できる方法であり、使用頻度も高いようです。しかし、将来的な会社の価値が含まれていないため、売り手にとっては想定より低く算定されてしまう可能性もあります。

こうした価格の算定は、通常M&A仲介業者を介して交渉が行われるものです。しかし、M&Aをより効果的に行うために、売り手としても算定方法の知識は身につけておく必要があるでしょう。いずれにしても、価格の算定は各種条件交渉を踏まえた、双方の納得のいく価格に行きつかなければなりません。

譲渡価格を高くする方法

売り手としては多額の売却利益を期待してより高く売りたいというのが正直な気持ちでしょう。譲渡価格をより高く設定するにはどうすればよいのでしょうか。譲渡価格を高くする方法として以下の3つの方法が考えられます。

1つは「優秀な人材を含めて売却する」ことです。固有の知識やスキル、積み重ねてきたノウハウをもつ社員が会社の価値に含まれている場合は、会社の売却の価値はその分高いものとなります。そのためにも、売却前に優秀な社員と充分にコミュニケーションを取り、説得して売却後も会社を離れることのないように引き留めをしっかりと行っておくことは大切でしょう。

2つ目は「他社との優位性を示す」ことです。事業におけるシェアの高さや取引先との強固な関係、差別化のできる高い技術力などが事業基盤の強さを示すことになります。その結果、買い取った後の会社の経営がスタートから安定したものとなり、1から取引先や顧客や市場を開拓するといった手間やコストがかからないといったことをアピールしましょう。3つ目は「売り手側の会社と買い手側の会社の相乗効果を考える」ことです。会社売却後に、買い手側がより高い利益を得るための施策を具体的に伝えられることが大切でしょう。

 

このように、売り手側の魅力を伝えるとともに、買い手側に不足している点を補えることを納得させることにより、譲渡価格はますます高いものに設定されるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【大阪】おすすめM&Aサービス5選

商品画像1
2
3
4
5
商品名TSA Partners株式会社GCA FAS株式会社インテグループ株式会社フロンティア・マネジメント株式会社デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
特徴特殊案件にも対応できる関西発国内屈指のFAファームトランザクションサービスをワンストップで手がけるメリット大!完全成功報酬型のM&A仲介会社専門チームの総合的な視点による問題解決ができるM&A関連だけでなくスポーツビジネスなど幅広く対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく